ココナッツ&ベトナムコーヒーの専門店エピス

最近注目されている健康系オイルのココナッツオイルからココナッツクッキーなどのお菓子までバラエティー豊かなココナッツプロダクト&ベトナムコーヒーをご用意しております。
2016.08.24
 


ココナッツ&ベトナムコーヒー専門店エピスでは、ココナッツオイルを中心にココナッツパウダー、
ココナッツシュガー、ココナッツジンジャーティー、ココナッツジャム、ココナッツクッキーなど豊富な種類の
ココナッツ製品を輸入販売しておりまし。
また元祖ベトナムコーヒーの専門店として日本国内では最大級のベトナムコーヒー輸入販売店です。
株式会社エピス 〒135-0042 東京都江東区木場2-5-3 
TEL 03-5620-8808 FAX 03-5620-8828 
営業日:平日AM9:30~PM18:00(※土日祝日は休み)

お買い物はこちらから

ベトナムコーヒーはこちら

Qココナッツはどんな果物?  Qココナッツオイルってなに?  Qココナッツオイルは何に良いの?
 Qココナッツオイルの食べ方 Qココナッツオイルの注意点   Qどんなココナッツ製品があるの?

KUKU

*****************************************************************************************************Qココナッツってどんな果物なの?
*****************************************************************************************************
東南アジアや南の島などでよくみかけるココナッツ。
どんな果物か知っていますか。
実はココナッツが実るヤシの木は「生命の木」とも呼ばれ、昔から重宝されていました。
何故かというと「捨てるところが見当たらない」といわれている果物で、
まだ若い緑色のココナッツはそのままココナッツウォーターとして飲まれています。
果肉の部分は、そのまま食べたり、ココナッツミルク、ココナッツフラワー、ココナッツオイルなどに加工されます。
中身をくり抜いた殻は、そのまま食器や活性炭などにして使われ、殻のまわりの繊維の部分はたわしやロープとして使われています。捨てるところがないと言われているのが納得です。


 
最近メディアや雑誌でよく目にする言葉「ココナッツオイル。」
Qココナッツオイルってなに?

ココナッツオイルとはその名の通りココナッツから作られたオイルです。
ココヤシの成熟(茶色くなった実)を割ると見える白い果肉(胚乳)の部分がココナッツオイルになります。
ココナッツオイルは中鎖脂肪酸という脂質でできています。
この中鎖脂肪酸のひとつであるラウリン酸はお母さんの初乳にも多くの含まれているもので、
赤ちゃんをさまざまな外敵から守る強い抗菌作用を持ち、免疫力を高めてくれます。
【注意ココナッツオイルはパームオイルと違うオイルです。
ココヤシからとれるのがココナッツオイル。アブラヤシからとれるのがパームオイル。
ココヤシとアブラヤシは植物自体が違うため、オイルの性質が異なります。
椰子の木の実ということで同じだと思われがちですがご注意下さい。

カラダにいい上質なココナッツオイルを!!

さまざまな種類のココナッツオイルが販売されています。
ココナッツの果肉を天日乾燥させてものを搾ってオイルをとり、溶剤を使って精製したものがでていますが、
毎日、摂取してほしいので出来るだけ上質なものをお選び下さい。
上質なもの??とは、バージンココナッツオイルといわれるものになります。
このオイルはココナッツの果肉を生の状態で圧搾し、溶剤などを混ぜずに抽出したオイルになります。
トランス脂肪酸を含まず、ココナッツ香りがするオイルです。
ココナッツ専門店エピスで扱っているオイルはココナッツバージンオイルになります。

お買い物はこちらから
     
 ココナッツオイルのご注文はこちらから
お電話のご注文は:03-5620-8808 株式会社エピス
(平日9:30~17:30※土日祝日休み)
 

ベトナムコーヒーはこちら

 
中鎖脂肪酸は体内で燃焼し基礎代謝をアップして脂肪を燃やす働きがあります。
消化吸収に他のものの助けを借りる必要がないため、長鎖脂肪酸の約4倍の速さで吸収され、
約10倍の速さでエネルギー代謝されます。
そのため、肥満の原因「中性脂肪が」になりにくい!つきにくい!!
また他の体脂肪の燃焼を助けると言われているので、同じオイルをとるなら断然ココナッツオイルを使ったほうがヘルシーです。体系維持やダイエット中の方の強い味方なオイルです。
中鎖脂肪酸にはアルツハイマー病の症状を緩和させる効果があると証明されています。
抗菌作用&抗酸化力があるラウリン酸が含まれています。
中鎖脂肪酸のひとつであるラウリン酸が豊富に含まれています。
ラウリン酸には強い抗菌作用があり、体内のサビを洗浄する力があると言われています。
認知症、動脈硬化、骨粗鬆症などは活性酸素のサビが原因と言われています。
そのサビ活性酸素を抗酸化が防いでくれます。
いつもでもサビのない身体でいるためには「抗酸化」をとりいれた生活を心がけましょう。
トランス脂肪酸0%
ここ数年、コマーシャルや健康特集番組などで耳にするようになった「トランス脂肪酸」。
摂取しすぎるとガンや心臓疾患、動脈硬化などの健康被害を起こすといわれています。
ファストフードなどに使われている場合がこと多いとか・・・。
既に欧米ではトランス脂肪酸を含むオイルの使用が禁止されています。
ココナッツオイルにはトランス脂肪酸が全く含まれていないので安心してお使いいただけます。

コレステロールフリー
その名の通り、コレステロールも0%!
最強のオイルです。

抗菌作用・スキンケアにも効果的
食べるだけでなく、直接肌に塗ってもいいココナッツオイル。
ココナッツオイルには豊富なビタミンA,B,C,Dが含まれていてスリンケアにもお使いいただけます。
また抗菌作用があり、フィリピン伝統療法ヒロットでは大昔から身体のケアーにココナッツオイルを使用しています。
フィリピン、インドネシアのバリ島のスパではエキストラバージンココナッツオイルでボディーマッサージ、トリートメントを行っています。一般に販売されているアロマオイルはアロマオイルの原液(精油)にココナッツオイルをブレンドして作られているものが多くあります。食べるだけでなく、肌にもやさしいオイルです。
※スキンケアでご使用される方へ:お肌に合わない際は直ちに使用をお止めください。

お買い物はこちらから
※天然成分のみを使用している為、開封後は要冷蔵でお願いします。
~取扱いココナッツ製品はこちら~
お電話でのご注文は03-5620-8808 株式会社エピス(平日9:30-17:30※土日祝日休み)
〒135-0042 東京都江東区木場2-5-3 
Email: epis@trungnguyencafe.com
2016年現在店舗販売は行っておりません。

ベトナムコーヒーはこちら

 Qココナッツオイルはどうやって食べる?
1日大さじ2杯のココナッツオイルをそのまま飲みます。
手軽にココナッツオイルを取り入れる方法です。
1度に沢山摂取すれば健康になりというものではありません。
毎日、大さじ2杯を心がけて長く続けてください。
はじめは大さじ1杯からでも構いません。無理なく続けることが大切です。


バターやマーガリンとして‼
ココナッツオイルは25℃以下で白く固形化します。冷蔵庫に入れておけば固形化します。
その固くなったオイルをバターやマーガリン代わりにお使いいただけます。
パンやホットケーキに塗ってみてください。
自然の甘みとほのかなココナッツの香りがお楽しみいただけます。
コレストロールフリーなのがうれしいです‼


いつもお使いのオイルの代わりに
ココナッツオイルは油の分子が小さいので、少量で食材になじんで炒められます。
加熱しても酸化しないので炒めものにもぴったりです。


お好みのドリンクにスプーン1杯
お好きな飲み物に入れてお召上がり下さい。
コーヒーや紅茶などにぴったり。
スムージーに加えるのもおススメ。朝、炭水化物(糖質)抜いてスムージーにココナッツオイルを入れたものを
朝ごはんとしてお召上がりいただくとダイエット効果が期待できます。
※氷の入った冷たい飲み物にいれると、性質上白く固形化してしまいます。


お味噌汁やル―料理にも
ルー系のものにココナッツオイルをいれると、コクがでて濃厚な味わいになります。
おススメはお味噌!コクがでてとても美味しいです。

パンケーキ作りの隠しわざに
お菓子やパンを作る際にいれれば、しっとり滑らかな味わいに。
パンケーキを作る際に入れればしっとりふわふわの本格パンケーキに変身
お菓子作りの強い味方です。

手軽に取れて、なんにでも合うヘルシーオイルです。

お買い物はこちらから

 
Qココナッツオイルを使うときの注意
白くなっても大丈夫
ココナッツオイルは25℃以上では無色透明です。
25℃以下になると白く固形化していきます。液体のオイルに白いものが浮いたても大丈夫。
ココナッツオイルは溶けたり、固まったりをくりかえしています。
※ただし天然成分のみを使用しているため開封後は要冷蔵でお願いします※

水分厳禁
他のオイル同様、水分や不純物が混ざると雑菌の繁殖につながります。
濡れた軽量スプーンなどは使用せずに、清潔なものを使ってください。

加熱は170℃まで
加熱しても酸化しにくいので、お料理にもおススメ。ココナッツの風味を損なわないように加熱は170℃までにしてください。

お肌に合わない場合はご使用をお止めください。 
いくら肌に良いと言われているココナッツオイルでも体質的に合わない場合がございます。
そのようなときは直ちにご使用をお止めください。

お買い物はこちらから ベトナムコーヒーはこちら


お買い物はこちらから
お電話でのご注文は03-5620-8808 株式会社エピス(平日9:30-17:30※土日祝日休み)
〒135-0042 東京都江東区木場2-5-3 
Email: epis@trungnguyencafe.com
2016年現在店舗販売は行っておりません。


ベトナムコーヒーはこちら


 輸入販売元: 株式会社エピス
〒135-0042 東京都江東区木場2-5-3
TEL:03-5620-8808 FAX:03-5620-8828
Mail:epis@trungnguyencafe.com
営業日:月-金9:30-17:30※土日祝日休み

私共エピスではベトナムコーヒーとココナッツ製品をメインに輸入販売をおこなっております。
卸販売も行っておりますので、ご相談下さい。
店舗販売は現在行っておりません。
オンラインショップ及びイベント、催事出店での販売となっております。

事前にご連絡およびご予約いただきますと、事務所でのお引渡しも可能となっております。
お支払は現金のみとなります。倉庫が離れている為、突然のご訪問ですと商品がない場合がございます。
また、催事に各種イベント等に出店のため事務所を閉めている場合がございますので、
必ずご連絡いただきますようお願い申し上げます。